出会いが減っている?

平成22年における平均初婚年齢は、男性が30.5歳、女性が28.8歳となっています。
(国立社会保障・人口問題研究所 2012年版人口統計資料より)
昭和55年にくらべ、男女とも3歳ほど上昇。つまりは晩婚化が進んでいます。
晩婚化の原因としては、草食男子や不景気などいろいろなことが言われていますが、もっと単純なところで言えば、出会いが減っているのではないでしょうか。
昔は、お見合いは当たり前でした。自由恋愛がよしとされた結果、自分から異性に対してアプローチできない人が取り残されてしまったとも言えます。
お見合いや親戚からの紹介が減ったというのは、単純に出会いの機会が減ったということ。

今は、結婚相談所や、結婚情報会社などが本気で婚活をする人たちの受け口となっています。離婚も増えているので、子連れで新しい相手を探している人も多く登録しています。

自治体でも、婚活支援のパーティや、街コンなどのイベントを行ったりと地域の活性化も含めていろいろと行われています。

まずは無料サービスを利用してみよう

大手の結婚相談所では、入会する前に無料で利用できるサービスがあるので、まずはいくつかの無料サービスを使ってみるといいでしょう。

まとめつくりました! >> おすすめ!結婚相談所の無料サービスまとめ 

まずは出会いを増やして、可能性を上げるのが大切です。みんなで頑張りましょう!

コメントは受け付けていません。